記事一覧

記事

沼津市・伊豆の国市で遊ぶ「海上つり堀 まるや」後編

2023.8.1

レジャー

みなさん、こんにちは!

日本一の富士山を眺めながら、休日を大きく楽しむ!
静岡県東部を中心とした新(深)情報サイト「ふじスマ+(プラス)」のライター、スマコです。

海上つり掘 まるや」さんで釣りを楽しむスマコですが(前編:記事はこちら)、果たして晩ごはんのおかずをゲットすることができるでしょうか。

放流タイム

なんと!「まるや」では、それぞれの生け簀に、地元で養殖された魚を放流してくれるのです。

同じ生け簀でご一緒したリピーターさんに、「まるや」の魅力を聞いてみます。

「こんなに釣れるつり掘はないですよ」
「よく釣れるし、魚がおいしいよね」
「ボウズの心配がないところがいいですね」
「社長の対応がいいんだよね」

県内外から何度も訪れるのには理由あり!

沼津の魚のおいしさを知ってもらいたい

“地元の魚をもっと出荷したい”

食べてもらうためにはどうしたらいいか。

内浦漁業協同組合管内の養殖の魚のおいしさ・その技術の高さを知ってもらうための方法として、「海上つり掘 まるや」菊地賢弥社長は「つり掘」を思いつきました。

それから約3年かけて全国のつり掘を視察。
2012年4月に「海上つり掘 まるや」をスタートさせました。

『放流タイム』は、菊地社長の想いが詰まった「まるや」独自のサービスなんですね。

放流タイム直後に夫の釣り竿に手応えが!

待望の晩ごはん!もとい、待望のお魚さん!

我が家の釣果第1号はマダイでした。

初心者にはスタッフがサポート

エサ付けにモタモタしていたスマコを見兼ねて、菊地社長がエサの付け方やポイントなどをレクチャーしてくれました。

優しく、しかもわかりやすい!(これがリピーターさんが言っていた、「まるや」の魅力のひとつでもある社長のサービスなんだなと実感)

がんばって自分で釣り上げてみたのですが、それを見ていた社長のひと言。

「動きが硬いんだよな笑」

いやいや、伸びしろしかないんですよ私。

「魚の気持ちになって」は、すごく印象深い言葉。

人間も美しい盛り付けの食事に魅力を感じますものね。

レクチャーを受けながら、「まるや」を利用する際に気をつけることを聞きました。

ひとつの生け簀に最大8名。

5つの生け簀では、最大40名が釣りを楽しむことができます。

その場で初めて会う人かもしれませんが、釣りの好きな人同士が気持ちよく利用するために、お互い気遣い合って楽しく過ごしたいですね。

迎えの船に乗って戻ります。

どのスカリもたくさんの魚が入ってる~!

なんと「まるや」では、釣り上げた魚すべてを持ち帰ることができます。

持参したクーラーボックスに入りきらないほど釣り上げた人も。

もう、思わずニコニコしちゃいますよね。


ビッグニュース!
釣った魚を捌くサービスを、2023年中にスタートします!

スマコの家の台所は広くないし、正直、あまり料理が得意ではないので、とてもうれしいサービス!

もっと利用者の皆さんに喜んでもらいたい!
と、進化を続ける「まるや」。

さらに利用しやすくなりますね。

新サービスを利用されたい方は、2023年秋以降に「まるや」にお問合せください。

さて、魚でいっぱいになったクーラーボックスと共に次の目的地へ!

店舗情報 – 海上つり掘 まるや

所在地:静岡県沼津市西浦足保 足保漁港内
TEL:(事務所)055-943-2577 (予約)080-5118-8080
営業時間:7:00-13:30 (事務所受付)9:00-16:00
定休日:不定休
HP:https://maruya-maruya.com/
SNS:なし
お知らせ:完全予約制

一覧にもどる

関連記事

  • 心もお腹も満たされ大満足!人と差がつくお土産選びは「ちどり沼津港ひものセンター」-千鳥観光汽船(後編)-

    2024.1.25

    グルメ

    心もお腹も満たされ大満足!人と差がつくお土産選びは「ちどり沼津港ひものセンター」-千鳥観光汽船(後編)-

    スマコ

    スマコ

  • 予約不要!沼津港を存分に楽しむなら沼津港遊覧クルーズは外せない!-千鳥観光汽船(前編)-

    2023.12.30

    レジャー

    予約不要!沼津港を存分に楽しむなら沼津港遊覧クルーズは外せない!-千鳥観光汽船(前編)-

    スマコ

    スマコ

  • 富士山の雪解け水が約30年の年月をかけて柿田川へ!美しい自然と湧水を体感できる「柿田川公園」

    2023.12.25

    レジャー

    富士山の雪解け水が約30年の年月をかけて柿田川へ!美しい自然と湧水を体感できる「柿田川公園」

    スマコ

    スマコ

カテゴリー

  • 暮らし
  • グルメ
  • レジャー

ライター

スマコ

スマコ

ふじスマ+のライターをしています!伊豆の魅力が多くの人に届くように記事を書いています。