記事一覧

記事

函南町の魅力を伝えるお土産が誕生!「箱物土産あみにょん焼き」が新発売!

2024.3.20

グルメ

日本一の富士山を眺めながら、休日を大きく楽しむ!
静岡県東部を中心とした新(深)情報サイト「ふじスマ+(プラス)」のライター、スマコです。

函南町にあります道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」内、「オラッチェソフトクリームスタンド」で販売されているご当地スイーツ「あみにょん焼き」。

販売開始から1年が経ち、わくわくするニュースが飛び込んできました。

「あみにょん焼き」を函南町の魅力を伝えるお土産に

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」田中三智子駅長が手にしているのが、2024年3月20日から販売がスタートした、箱物土産の「あみにょん焼き」。

販売開始を前に行われた、仁科喜世志函南町長への完成報告会へお邪魔してきました。

地元に愛され、誰でも知っているお菓子を目指して

************

●140年以上の酪農の歴史を持つ函南町の”食”=「丹那牛乳」
●地域の人たちの信仰と共に守られてきた”文化財”=「阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)」
●まちを元気に!「函南町」

************

「あみにょん焼き」は、これら函南町の地域資源を活用したご当地スイーツ。
2022年12月に販売開始、2023年の1年間で約12,000個を販売し、函南町をPRする一翼を担っています。
(基本的には、土日祝日限定1日108個の数量限定で販売)


地元に愛され、誰でも知っているお菓子を目指している「あみにょん焼き」。
これまでの、「伊豆ゲートウェイ函南」を訪れた人のみ食べられるお菓子から、家で家族や友達と食べられる、さらに親しみやすいお菓子へ向けたステップアップとして「箱物土産あみにょん焼き」を開発しました。

2024年3月14日 NEWあみにょん焼き完成報告会

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で行われた「完成報告会」。
「 伊豆ゲートウェイ函南」田中三智子駅長と「酪農王国オラッチェ」伊藤嘉一さんが、完成までのエピソード、味やデザインのこだわりなど、参加者へ報告しました。

さすが一度見たら忘れられない阿弥陀如来様をモチーフにした”ほとけスイーツ”を誕生させたお二人、新商品にも函南町への愛情を感じるこだわりポイントが詰まっていたのでご紹介していきます。

箔押しの阿弥陀如来様がちらり

パッケージには、町内の「かんなみ仏の里美術館」に所蔵されている阿弥陀如来坐像をモチーフにデザインした掛け紙が掛けられています。

阿弥陀如来像と聞くと、ふくよかなお顔をイメージされる方が多いかもしれません。
かんなみ仏の里美術館」に所蔵されている阿弥陀如来坐像は、スッキリとしたお顔立ちが特徴です。
『当館の阿弥陀如来様はイケメン』完成までにたくさんの愛情が注がれたデザインです。
開封する前に、パッケージもじっくり見てくださいね。

箱物土産「あみにょん焼き」1箱12個入り 2,160円(税込)

箱を開けると、阿弥陀如来様がずらり。
この光景だけで、ご利益がありそうです!

手のひらサイズの「あみにょん焼き」が個包装になって12個入っています。
ミルキー感の味わえるプレーン味と、濃厚なキャラメル味の2種類が6個ずつ入っています。

商品開発の際に配慮したポイントは、日持ちがすること。
あんこやバターなどを挟まない焼菓子をと考え、生地のおいしさを追求、2022年に販売した「あみにょん焼き」とは異なる生地になっています。共通することは、商品製造にあたり、本来であれば廃棄されるバターミルクを利活用していること。丹那牛乳のバターから生まれるバターミルクを買い上げることは、地域産業の支援に繋がっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【箱物土産 あみにょん焼き 販売場所】※2024年3月時点

≫ 道の駅 ゲートウェイ函南(函南町塚本887-1)
≫ 酪農王国オラッチェ
(函南町丹那349-1)

※順次販売拡大予定

▲パッケージのこだわったポイントを説明する
酪農王国オラッチェ 伊藤嘉一さん(写真左)

「あみにょん焼き」の販売場所「オラッチェソフトクリームスタンド」のある道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」は、年間180万人以上が訪れるスポット。

初代、箱物土産共に「あみにょん焼き」を見た来館者が、“このモチーフは何?”と、興味を持って函南町について調べてくれるきっかけづくりのお菓子であること。さらに、「かんなみ仏の里美術館」へ足を運び、町内を周遊してもらえたらという思いが込められています。

「地域の歴史資源を活かし、地域の人たちに応援してもらい商品化までした地域振興の好事例だと思います。函南町のお土産として発展していくといいですね」

報告会の参加者からは、こんな声も聞かれました。

桜色の箱に込められた思い

「言葉がいいね」と、仁科町長も話していたブランドコンセプトがこちら。


見てほっこり、食べてにっこりな毎日でありますように。

函南町が誇る名産品を目指し、函南町を訪れて「あみにょん焼き」を見た人、食べた人、みんなそれぞれ幸せを感じてもらいたい。箱の内側は桜色、よく見ると緑色や赤色などカラフルな模様が見て取れます。これは、広島県の原爆ドームに集まった千羽鶴を再利用した紙を箱に使用しているからなのです。誰もが笑顔で過ごせる平和への祈りが込められています。

また、函南町に春の訪れを知らせる「かんなみの桜」をイメージして桜色を用いています。

わくわくする仕掛けが詰まっています

商品へのこだわりは、まだまだあります!

掛け紙には、「あみにょんあみだくじ」が付いています。
「あみにょん焼き」を食べながら、家族や友達と一緒に運試しをしてみてくださいね!

箱の中に入っているカードにも注目です!

************

トースターで60秒焼くと カリふわっ食感
でお楽しみにいただけます

************

そのまま食べてももちろんおいしいのですが、家で味わうからこそできるリベイクという楽しみ方。
せっかくなので、トースターで60秒リベイクして食べてみたいと思います。

リベイクすると二度おいしい

そのまま食べると、濃厚なミルク感が味わえるしっとりした食感。
リベイクすると、外側はカリカリ、中はふんわり。
食感と風味がガラリと変わるので、食べ比べもオススメです。

丹那牛乳と一緒に食べたら間違いなし!
やさしい甘さで、緑茶、コーヒー、紅茶、どんな飲み物にも合いそうです。

箱物土産「あみにょん焼き」専用の袋もかわいいですね!
ブランドコンセプトもデザインされているので、袋や箱を眺めながら函南町のこと、「あみにょん焼き」のことを話題におやつタイムを楽しんください。

お皿の上の「あみにょん焼き」の可愛さに、ほっこり。
ブランドコンセプトを体感したスマコでした。

仁科函南町長もにっこり

商品に込められた熱い思いを聞いた、仁科函南町長もにっこりです。

「函南町を知ってもらおうという働きかけについて、町として感謝しています。地域資源や観光資源を活用し、みんなの知恵が集まった画期的なお土産。視察などに持参して、渡しながら函南町の魅力をひと言添えれば、地域のPRができますね。”仏様を食べちゃおう”というお菓子は、なかなかないと思います。ご利益があるスイーツですね。”函南町に来たらこれを買う”そんなお菓子になるよう、丁寧に扱っていってほしいと思います」

期間限定の特別バージョン
「いちごあみにょん」販売

箱物土産「あみにょん焼き」の販売に併せて、耳寄りなお知らせです!

時折登場する、期間限定で特別バージョンの「あみにょん焼き」。
箱物土産「あみにょん焼き」の販売日と同じ2024年3月20日(水)から、「いちごあみにょん」を販売します。


いちごあみにょん
販売期間:2024年3月20日(水)~4月7日(日)

「オラッチェソフトクリームスタンド」にて、期間中の土日祝日のみ販売


なお、「いちごあみにょん」販売期間中は、営業時間が9時から18時までに変更。さらに、「あみにょん焼き」を毎日販売します!(通常は土日祝日のみの販売)
平日も味わえるこのチャンスをお見逃しなく!

函南町の魅力をPRする名産品として歩み始めた「箱物土産あみにょん焼き」。

「地元の方が普段から口にするような親しみのあるお茶菓子になったらうれしいです。また、町外でも食べていただき、函南町を話題に挙げてもらい、函南町を知ってもらう波及効果を期待しています」(田中駅長)

「あみにょん焼き」を中心に、にっこり笑顔の輪が広がっていくのが楽しみですね。


店舗情報 –
道の駅 伊豆ゲートウェイ函南内「オラッチェソフトクリームスタンド」

所在地:静岡県田方郡函南町塚本887-1
TEL:055-979-1112(管理事務所)
営業時間:(平日)10:00-17:00、(土日祝)9:00-18:00
※変動あり。「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」のHPでご確認ください。
定休日:年中無休
駐車場:道の駅 伊豆ゲートウェイ函南の駐車場



【伊豆ゲートウェイ函南SNS】
Instagram:https://www.instagram.com/izugateway/
X:https://twitter.com/izugateway
ホームページ:https://www.izugateway.com/


【酪農王国オラッチェSNS】
Instagram:https://www.instagram.com/oratche_/
オラッチェソフトクリームスタンドInstagram:https://www.instagram.com/oratche.i.g.w.k/
X:@oratche4192
ホームページ:https://oratche.com/

※2024年3月に取材しました

一覧にもどる

関連記事

  • 渋滞回避の穴場スポット!「かんなみの桜(河津桜)」を知らなきゃ損!ご当地グルメ「函南カルボナーラ」とセットで函南町を存分に楽しもう!

    2024.3.5

    グルメ

    渋滞回避の穴場スポット!「かんなみの桜(河津桜)」を知らなきゃ損!ご当地グルメ「函南カルボナーラ」とセットで函南町を存分に楽しもう!

    スマコ

    スマコ

  • 幸せスイーツ「あみにょん焼き」/道の駅 伊豆ゲートウェイ函南内「オラッチェソフトクリームスタンド」

    2024.2.6

    グルメ

    幸せスイーツ「あみにょん焼き」/道の駅 伊豆ゲートウェイ函南内「オラッチェソフトクリームスタンド」

    スマコ

    スマコ

  • 心もお腹も満たされ大満足!人と差がつくお土産選びは「ちどり沼津港ひものセンター」-千鳥観光汽船(後編)-

    2024.1.25

    グルメ

    心もお腹も満たされ大満足!人と差がつくお土産選びは「ちどり沼津港ひものセンター」-千鳥観光汽船(後編)-

    スマコ

    スマコ

カテゴリー

  • 特集記事
  • 暮らし
  • グルメ
  • レジャー

ライター

スマコ

スマコ

ふじスマ+のライターをしています!伊豆の魅力が多くの人に届くように記事を書いています。